【眠気をコントロールする方法】眠気をコントロールする方法を伝授!

睡眠の知識

みなさんこんにちは。快眠デザイン研究所の古泉です。

誰にでも眠気は来るものです。

それはきちんと正しい睡眠を取っている方といえども同じです。

今日は【眠気をコントロールする方法】をお伝えします。

 

眠気をコントロールする方法

満足な睡眠を取っている方でも、必ず眠気はやってきます。

これは体のリズムに関係しています。

実は、快眠を得るためには「体温と眠気のバランス」知ることが大切です。

 

人は朝起きた時から徐々に体温が上がり活発な王道ができるようになります。

そして、夜が近づくにつれて体温が下がっていき、体を休めよう(眠気)としています。

実はこれ、太陽との関係が大きく、「サーガディンアンリズム」と言われています。

この睡眠のリズム、「サーガディアンリズム」をうまく組み合わせることで心地よい眠りに入ることができるのです。

 

この目には見えないリズムが崩れた時に、眠りたい時に眠れなくなったり、眠ってはいけない時に眠ったりしてしまいます。

不眠改善に役立つ「2つの睡眠メカニズム!」
みなさんこんにちは。快眠デザイン研究所の古泉です。 オリンピックは1年延期かも・・・というニュースが速報で流れました。 予想以上にこの新型ウイルスは影響が大きいですよね。 不眠改善に役立つ「2つのメカニズム」 私が様...

眠気を有効活用するために

この眠気と睡眠のバランスがうまく行くと、深い睡眠がとれて、やる気やパワーもアップします。

そして、この眠気を有効活用するためには2つのポイントが大切になってきます。

お風呂は湯船に浸かる

シャワーで済ませるという方も多いとは思いますが、「ぐっすり眠るため」はもとより、疲れを取ったり、リラックスさせるためにはお風呂に浸かることをお勧めします。

日中に上がった体温を下げることによって、体は「眠気サイン」を発します。

お風呂に入る行為も近いものがあって、お風呂に入った後に、体温が下がるにつれて眠くなってきます。

 

温泉に行ってリラックスした後にウトウトしてしまうのも同じ原理です。

 

温かい飲み物を飲もう

眠気は体温が下がる時に襲ってきます。

湯船に浸かることも大切です。そして2つ目のポイントは、寝る1時間くらいに前に温かいものを飲むことです。

温かいものを飲み、体温を一時的に上昇させ、下がっていく時にベッドに入ればスッと眠りに入ることができます。

これは、よく言われる「ホットミルク」でなくても大丈夫です。

「白湯」でも十分効果のあるものですから、試していただきたいと思います。

 

この2つが「眠気コントロール」に大切な要素です。

食後に眠るのはNG

疲れて一杯飲んで夕ご飯食べて、そのままソファで寝る方もいらっしゃいますが、実はこの行為は「完全NG」です。

 

 

この少しの時間のウトウトから目が覚めた時に、また体温が上がってしまうため、眠くなる時間帯が後ろにずれ眠れなくなってしまいます。

 

満腹でゴロンと少しだけ寝るのはとても気持ちの良いものですが、本睡眠の時に逆に眠れなくなってしまいますので、食後の仮眠をやめ、全て済ませてからベッドの上で深い睡眠を取るようにしましょう。

 

まとめ

深い睡眠を取るためには、眠気をコントロールすることが大切なことはお話ししました。

キーワードは

1、湯船に浸かること
2、眠る1時間くらい前に、温かい飲み物を飲むこと
意外と簡単なことで深い睡眠が取れやすくなりますので、ぜひ試してみてくださいね(^^)

 


セミナーや研修に関するお問い合わせはこちらから

https://comodomani.com/inquiry/

快眠デザイン研究所は企業の「健康経営」を推進したい、「社内の利益構造の改善をしたい」という企業向けに睡眠セミナーや睡眠研修を行う「睡眠」に特化したセミナーを運営しています。

「企業は人なり」と言われるように企業の最大の投資は人にあります。快眠デザイン研究所は睡眠日誌によるデータを基に、企業の利益に結びつく独自プランを提案します。     

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日本人快眠計画」は私が思い描く理念です。

<経験・履歴書>

・大卒後、大手呉服チェーン店同期入社の中で半年で新人No.1賞を受賞(新入社員約200名)

・大手呉服チェーン店にて入社10ヶ月で同期入社最初の店長に抜擢される。23歳。

・呉服チェーン店にて4年半修行、愛知県名古屋市・石川県金沢市・福井県鯖江市の店長を歴任後、実家の呉服寝具専門店に帰郷。

・呉服業界の低迷とともに、実家のふとん店をこだわりの睡眠専門店に業態転換させる。

・自社オリジナルのオーダー枕を開発、述べ2500人の枕を作製実績あり

・海外から直輸入したこだわりのマットレスを長崎で初めて販売

・2019年2月、ふとんというハード面だけでなく「睡眠の行動を変えることで快眠にさせる」ソフト面からも提案したいという想いから、「快眠デザイン研究所」を立ち上げて独立起業。

・商品という「モノだけでの提案ではなく、相談にのって快眠へ導くスタイル」を確立し「個別相談」や企業内研修を行なっている。

・体を見て触って、体のくせや曲がり(肩こり、首こり、腰痛)がわかる自称ゴッドハンドを持つ。

<取材実績>

・2009年4月17日 長崎新聞「寄ってみんね!」のコーナーに掲載。

・2011年1月15日 長崎新聞「あの人この人」のコーナーに掲載。

・2011年4月 大村ケーブルテレビ「ぐっすり眠りた~い」30分番組放送

・長崎新聞とっとって「夏の快眠特集」掲載

・2016年8月28日 長崎新聞「とっとって」にさんわのオーダー枕「スライス枕」がオーダーメイド企画で掲載。

・2017年12月1日 ニュースエブリイ放送

・「長崎プレス8月号別冊pm」に掲載。

・その他、ラジオ、テレビ取材多数

<講演実績>

・ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング様にて睡眠セミナー

・デンソーテン様にて睡眠セミナー

・「自律神経と脳と睡眠」コラボ連続セミナー連続中

・市政集会にて講演

・店舗にて快眠セミナー

・長崎県大村市「街ゼミ」睡眠セミナー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

快眠デザイン研究所facebook

https://www.facebook.com/SleepDesignLabo/?modal=admin_todo_tour

古泉典彦本人Facebook「申請してくれる場合は一言メッセージくだされば嬉しいです(^^)」

https://www.facebook.com/norihiko.koizumi.9

快眠デザイン研究所Facebookグループ「ネムリノタマテバコ」グループ (ねむりに関する豆知識をグループでシェアし合っていますので、ぜひご参加ください(^^))

https://www.facebook.com/groups/945571022500197/?source_id=1992835207504398

快眠デザイン研究所YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCCggYEFrUIKf6ekVVyXJdyA

 

タイトルとURLをコピーしました