睡眠と健康経営の関係「3つのメリット」

睡眠の知識

「健康経営」を推進している企業が増えました。

健康経営は社員の健康を守り、会社を守るものです。

会社は健康経営を推進することで、最終的に「強い企業=健康な企業」を目指します。

 

睡眠と健康経営の関係「3つのメリット」

なぜ健康経営を推進する企業が増えてきているのでしょうか?

今回は健康経営を取り入れる企業にとって重要な3つのメリットをお伝えしたいと思います。

社員が健康になる

これは当たり前のことなんですが、企業が健康を推進することは

社員は健康に大きくつながります。

企業は人生の三分の一である「睡眠」をより良いものへと転換させようとするものです。

企業が快眠を推奨することによって、社員は健康になり、元気に働けるようになります。

 

また、社員の遅刻、欠勤、早退など、睡眠の質が低下することによって出てくるデメリットは、企業に影響が出てきます。

社員が元気に働ける社風を作る。これには睡眠習慣を変化させることによる大きなメリットが考えられます。

 

企業全体の生産性を向上する

睡眠の質を高めることによって社員は朝から元気に出社してきます。

元気な社員が、元気よく働くことは社内の生産をあげる大きなきっかけになります。

運輸業は万が一、社員が交通事故を起こせば責任はを取らなければなりません。最近では労働災害による訴訟も増えてきているのが現状です。

もはや社員が健康的に働くことは、本人任せではなくその会社の責任だという時代の流れになっています。

 

社員の健康問題に気づかなかっただけでは、もはや済まされることではありません。

社員の交通事故が原因で会社が倒産した事例もあるのです。

 

優秀な人材を採用できる

最後に、健康経営に取り組んでいる企業は対外的にも良い印象を与えます。

 

社員のために健康増進をしている会社は、就職活動をしている側から見ても、「福利厚生がしっかりしている会社」だという印象を与えます。

悪いイメージに取られることはまずないでしょう。

 

最近はブラック企業という言い方もされますが、「出勤が早く、帰りも遅い、休みも少ない」という企業はこの先相手にもされなくなるかもしれませんし、行政も過労への意識改革を行い、働き方に「改革」を求めています。

 

まとめ

健康経営に取り組んでいる会社で睡眠にクローズアップすることはメリットが非常に多く、

社員のためにはもちろんのこと、会社自体のイメージアップや会社のブランド力にもつながってくるでしょう。

もはや「残業当たり前」の会社は需要がなくなっていくかもしれません。

1、社員が健康になる
2、生産性の向上につながる
3、会社のイメージアップや優秀な人材が採用しやすくなる
皆さんの会社でも改めて「健康経営」について考えてみてはいかがですか?
タイトルとURLをコピーしました