ショートスリーパーにはなれません。

睡眠の知識

みなさんこんにちは。快眠デザイン研究所の古泉です。

長崎県大村市は先日の大雨により、甚大な被害にあいました。

何かできることを。と思い災害ボランティアに行ってきました。

テレビで見る情報とは、想像を遥かに超えています。

住んでいらっしゃる方も気丈にしていらっしゃいましたが、心の中はとても辛いと思います。

ショートスリーパーにはなれません

最近、よく見る「ショートスリーパー」という言葉。

それは、標準的な睡眠時間(7〜8時間)の方が、睡眠の質を変えればショートスリーパーになれ余った時間をさらに有効活用しましょう!

というもの。

私は睡眠を専門にしているのですが、

 

答えからいうと、

通常の睡眠時間で生活している方が、睡眠方法を変えてもショートスリーパーにはなれない。

 

と思っています。

ショートスリーパーとは?

本来、ショートスリーパーとは「短い時間の睡眠でもパフォーマンスを発揮できる」短眠者のことで

無理して睡眠時間を削り、その分頑張っているということではありません。

確かに、ショートスリーパーは数%いると思われますが、

自ら今までの睡眠スタイルを変えてそうなっているとは思えないのです。

 

さらに、ショートスリーパーの方は「短時間睡眠」でも

・日中の眠気 ・イライラ ・体調の変化

に影響を及ぼすことはありません。
通常7〜8時間睡眠の方が「睡眠時間を短くすることで」ショートスリーパーになれるということではありません。
昨今、様々なところで出てくるショートスリーパー。
一歩間違うと、パフォーマンスを高めているつもりが、逆に低下させているかもしれません。
今までの睡眠時間を減らして「気合」で頑張るよりも、生活習慣を見直して適切な睡眠時間を確保することの方が大切だと思います。
動画で説明していますので、よかったらご覧ください。

セミナーや研修に関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせ
快眠デザイン研究所 お問い合わせページ

快眠デザイン研究所は企業の「健康経営」を推進したい、「社内の利益構造の改善をしたい」という企業向けに睡眠セミナーや睡眠研修を行う「睡眠」に特化したセミナーを運営しています。

「企業は人なり」と言われるように企業の最大の投資は人にあります。快眠デザイン研究所は睡眠日誌によるデータを基に、企業の利益に結びつく独自プランを提案します。     

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日本人快眠計画」は私が思い描く理念です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●快眠デザイン研究所facebook:

https://www.facebook.com/SleepDesignLabo/?modal=admin_todo_tour

●古泉典彦本人Facebook「申請してくれる場合は一言メッセージくだされば嬉しいです(^^)」

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

●快眠デザイン研究所Facebookグループ「ネムリノタマテバコ」グループ (ねむりに関する豆知識をグループ内でシェアしています)

https://www.facebook.com/groups/945571022500197/?source_id=1992835207504398

 

●快眠デザイン研究所YouTube:

YouTube を引き続きご利用いただく前に
タイトルとURLをコピーしました