企業内に睡眠を取り入れるためのヒント【不眠症が治る本:保崎秀夫】

睡眠の知識

みなさんこんにちは。快眠デザイン研究所の古泉です。

私は昭和50年生まれです。父も睡眠のことをずっと研究していますが、先日実家に帰ったら

 

私と同じ生まれ年に発行された「睡眠の本」を見つけました。びっくり!

睡眠の世界は変わっているというより、進化している

その本をペラペラめくっていってみると、少し前に騒がれていた「睡眠負債」のことも書いてあったり、入眠儀式のことが書いてあったり、不眠の違いも書いてあったり。

 

今より新しい発見があるのかと思えば「基本」は今と変わっていないような感じがしました。

 

しかし、昭和50年とは明らかに技術の進歩があり、多数のデータの集積や解析は進んでいます。

「保崎秀夫著:不眠症が治る本」

 

今は、アマゾンでも販売されていませんでしたが、もし出会ったら読んでみてください(^^)

 

タイトルとURLをコピーしました