寝だめは睡眠負債の解消につながるか?

寝だめはできる?睡眠の知識

みなさんこんにちは。快眠デザイン研究所の古泉です。

ふだん睡眠時間をきちんと取れていない方も多いかと思います。

 

そんな時によくやるのが「寝だめ」。

寝だめはOKか?

 

先に答えをお話ししたいと思います。

 

睡眠の役割からいうと、答えは間違いなく「NO」です。

 

例えば、自分の適切な時間が7時間だとします。

しかし、毎日の睡眠時間は6時間だとすれば、1日目に足りない睡眠時間は「1時間」となります。

 

それが1週間続くとすれば、足りない時間は「7時間」になりますよね。

その分、休みの日に

 

「適切な睡眠時間7時間+1週間の足りない時間7時間」=14時間の睡眠はなかなかとることができません。

 

睡眠の質が不足している時には「仮眠」を

睡眠の質が足りんし時にhs、仮眠で補うようにしましょう。

 

まとめて取る「寝だめ」は体にとってはもちろん、パフォーマンスの質も下がります。

 

皆さんも仮眠や睡眠の質を高めることで、仕事も家庭も豊かなものにしていきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました