睡眠日誌を使って私ができること

法人向け

寝具の販売に長年携わってきました

みなさんこんにちは。「良質な睡眠を作る専門家」古泉です。

私は、もともと大学を卒業してから、呉服業界に在籍していました。250店舗あるチェーン店に入社し、半年で新入社員のNO.1である新人賞をいただき、すぐにチーフに昇格、その後新人の中では一番に店長に抜擢されました。

商売のことなんて右も左もわからず、実績と見なされるのは売上高のみ。

それが悪いこととは全くいうつもりもありません。どの世界も食べていくためには売上高は必ず必要なことだからです。

でも、「それだけ」では何か物足りないというかやりがいはあまり感じなかったです。

ま、甘かったんでしょうね。

でも、いろんなことを教わりましたし、かなり人間的には成長させていただきました。

寝具小売業である長崎の実家に帰ってきました

そして、着物屋さんで4年半修行させていただいて、実家へ帰省。

実家は呉服と寝具の小売をしていました。

当時は売上的には呉服7割、寝具3割くらいだったと思います。
しかし、呉服は年々売れなくなってきていましたし、寝具のことは全くわからなかったので、両親から教わっていました。

意外と寝具販売も楽しい

寝具って7年に1回しか買い換えないものなんですよね。

地域に必ず寝具店はあるものの、やっぱりショッピングセンターやホームセンターには、量や価格では負けてしまうのです。

でも、大手と言われるSCやHCと圧倒的に違うところは、「専門店は詳しく教えてくれる」ということ。ここはかなりの強みです。

しかも、私が住んでいる大村市は寝具店が今では2軒しかない。

ということは圧倒的な何かを強みにできれば生き残れると考えました。

寝具のプロから「眠りのプロ」へ

そこで私の父が「オーダー枕」を考えて商品化しました。当時はその人に合わせた枕はあまりなかったので、かなりのお客様が作ってくれました。

店売りだけで2000個は軽く超えました。

そして、こだわりがあるものを探していくようになりました。マットレスやベッドフレーム、カバーリングや羽毛布団など、今ではほとんどのものをオリジナル商品として店頭に置けるようになりました。

 

今では、肩こりや腰痛の方はその方の体を見ればわかるようになりました。

そして、たくさんのお客様が「当店にしかない」ということからファンになってくれました。本当に感謝しています。

枕やマットレスを販売するけど・・・

そして、地域では「眠りの専門店」としてテレビの取材や病院の先生(お医者さん)も来店してくれるようになりました。

 

睡眠健康指導士や睡眠環境診断士など、睡眠の専門の資格も取得し、さらに深く深く「良質な睡眠」を作るための方法を探すようになりました。

 

そうしているうちに、「医療が発達しているのに、心の病が増加している」という不思議なことに疑問を持つようになりました。

 

普通に考えれば、医療が発達するということは、病から逃れることにつながっているはずなのに、どうしてなんだろう?と疑問が・・・。

寝具を販売していると、肩こりや腰痛に困っているお客様がたくさん来られます。そして、枕やマットレスを変えることで改善される方も多いのです。実際、私がいた寝具店でもよかったよ!と言ってくださるお客様は非常に多いのです。

 

そもそも、不眠の人は寝具だけを求めているのではない

そもそも、寝具の相談に来店される方は、

  • 寝具が古くなったから
  • 身内や身内に近い人が泊まりにくるから必要になった

から来店することが多いです。そして、

  • 肩こりがあるから
  • 腰痛があるから

という理由でも来店されます。

 

ただ、それに当てはまらない「不眠」の相談も多いのです。お医者さんに相談しても病気ではないということで、対処ができない。そして、睡眠薬を処方される。というものです。

 

ある程度睡眠に詳しくなると、睡眠日誌を活用して、不眠の原因を探ることができます。そして、お客様にもそう話します。「良質な睡眠パフォーマンス」はある程度の睡眠知識があればできるかもしれないけれど、実際活用できているところが、ほぼゼロなんです。

 

もし、活用できるシステムを作れば、かなりの不眠に困っている人の助けになれると確信しています。

そこで、様々な知識を吸収していく中で、「睡眠日誌」というツールに会いました。

これは、睡眠を学ぶ時にも最初の方で出てくるものです。そして、目で見てその人の睡眠状況がわかることが一番のメリットです。

 

今は、便利な睡眠アプリが発売されいますが、それも活用できている人は多くないと思います。でも、使えるようになればかなり便利なものです。

 

わたしはそういうものを見て、アドバイスや改善策を見つけることができます。

基本的なことをきちんとアドバイスができる専門家として、今私はいます。

古泉ができること

私ができることには次のようなものがあります。

「中小企業向けの睡眠アドバイス」

私も中小企業が長かったので、よくわかることなんですが、製造でも販売でも社員さんがあっての会社やお店です。1人が欠ければ売上の増減にすぐに直結します。福利厚生の一部分として、「睡眠のパフォーマンス」を向上させることに活用してください。睡眠セミナーや、従業員向けの「睡眠日誌」を使用した睡眠プログラムを使った従業員さんの効率アップに貢献できます。

「経営者向けの睡眠コンサルティング」

従業員さんはもちろん、その会社のトップの方はやはり健康第一です。
社員さんが欠けても会社は打撃を受けますがトップが不健康なところで会社がうまく回っているところはありません。経営者の方へマンツーマンで「睡眠日誌」を活用した健康管理に貢献できます。

 

その他様々なところで貢献できるます。ぜひ相談してみてください。

長年の睡眠に従事した実績からお役に立てると思います。

睡眠コンサルティングメニュー ← 詳しく見てみる

古泉
古泉

お問い合わせはお気軽にどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました