「健康経営」取り組み事例と注意点、ポイント

「健康経営」取り組み事例とチェックポイント睡眠の知識

みなさんこんにちは。快眠デザイン研究所の古泉です。

健康経営を社内に取組もうと思った時、まず最初にぶつかるのが

 

「何をすれば良いのか?」というところだと思います。

今回は健康経営に取り組もうと思っている事業者様へ「取り組み事例と注意点」についてお伝えします。

健康経営の取り組み事例

まずはインターネットで調べる方も多いと思いますが

以下のようなことが事例として挙げられています。

 

  • 目標体重に挑戦する「ダイエットチャレンジ」の実施
  • 毎年10~11月を「健康生活月間」とし、各自が目標を決め生活習慣の改善に取り組む
  • 「健康レター」を毎月配信
  • 健康アプリを導入、グループ間で競争しながら生活習慣の改善の目指す
  • 新入社員に適切な睡眠や食事などをアドバイスする
  • 健康教育を30、40、50代の年代別で実施
  • 従業員の家族や取引先へ健康増進に関する手紙を送る
  • 「健康を測る環境づくり」として、事業所に体組成計と血圧計を設置

 

他にたくさんあるのでチェックしてみてください。

 

健康経営に取り組む時のチェックポイント

また健康経営を推進しようとする時、注意しなければいけないことがあります。

・一気に浸透させようとしないこと
・健康経営推進のチームを作ること
です。

まとめ

健康経営を進めようとする時、最初だけが少しパワーが必要ですが、

進めていくうちに、その企業には健康な社員が増え、最終的には会社自体が健康になっていきます。

 

それが、企業のブランディングにも繋がります。

 

ぜひ、皆さんの会社でも取り組んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました