【ビジネスで誰にも相談ができない時は】

プライベートブログ

個人で起業する時に

みなさんこんにちは。快眠デザイン研究所の古泉です。

経営をしていて、考えがまとまらない、行き詰まってしまう・・・。なんてことは誰にでもあるかと思いますが、私が実際に困った時の相談窓口として活用しているところをご紹介します。

 

一人起業家や、経営をしている方で誰にも相談できない時は、他の人の意見を違った形で取り入れることもいいかと思います。

まず、私が相談しにいっているところ

1、藤屋ニッチ戦略研究所
2、長崎県よろず支援拠点
3、大村市産業支援センター O-Biz
それぞれを説明します。

藤屋ニッチ戦略研究所

藤屋ニッチ戦略研究所株式会社
中小企業が「客離れしない値上げの方法」を学ぶ藤屋式ニッチ戦略のサイトです。ドラッカーのマネジメントを中小企業向けにアレンジし、ドラッカーが提唱した中小企業に最適な「生態的ニッチ戦略」を考案しました。

 

ここは私も3年以上通っています。「ニッチ」というと、誰もやっていない部分での細かい仕事みたいなイメージですが、ここでいう「ニッチ」というのは「差別化から独自化」の戦略です。

P・Fドラッカーの教えを基本にし、32冊の書籍を出版している「藤屋伸二」先生から直接、自分の経営事業に関して「差別化・独自化」戦略を学びます。

ドラッカーというと難しい書籍でなかなか読めない、読んでも自分にできることがわからないという方も多いと思いますが、藤屋先生はワークシートによる講義で進めていきますので、螺旋階段を上昇しながら進んでいくという実感が湧きます。

「ペルソナの設定」「差別化のコンセプト」「独自化から多角化」へ進めることができます。

会費は月2万円で福岡での講義ですが、私の場合は自己投資としてずっと学んでいます。

 

長崎県よろず支援拠点

経営改善・売上拡大・新規創業等のご相談は《長崎県よろず支援拠点》へ
長崎県よろず支援拠点は、中小企業庁認定の経営相談窓口です。各種専門家が売上拡大、経営改善、あるいは新規創業など経営に携わる方々の課題を共有させていただき、経験と知識を持ち寄りながら、その解決に向けた具体策をご提案します。

「よろず支援拠点」は国が設置した無料の経営相談所で、各専門家が月に1回長崎県内各地で開催されている相談所です。

私も「小規模持続化補助金」を活用した時にお世話になりまして、無事に審査に通過することができました。

また、様々な業種に向けてのセミナーもしているので、ヒントをもらいに行っています。

「無料」で相談できますが、90分マンツーマンで相談でき、毎月進捗状況を確認しながら継続して相談できるところが良いところですね。

異業種での成功事例や失敗事例などのヒントももらえるので、悩んでいる方は行ってみると良いかもしれません。

 

大村市産業支援センター O-Biz

大村市産業支援センター O-biz オービズ
大村市産業支援センター O-bizは、ビジネス課題を解決したい皆様を支援する完全無料の公設経営相談所です。

大村市産業支援センターはビジネス課題を解決したい人を支援する公的機関です。

もともとは静岡県から発生したこの支援センターですが日本に20数か所設置してあります。

長崎よろず支援拠点とも似ているかもしれませんが、「聞く」「話す」「解決策を見出す」ことをしてくれます。

効率的に「できるだけ費用を使わずに売上アップに貢献する」ことを目的として相談に乗ってもらえますので、私のように「金もない・人もない・信用もない」という人にはおすすめです。金がないのは私だけかもしれませんが(笑)

ビジネスを良い方向に進めるために

今回は3つのところを私の経験からお伝えしましたが、他にもたくさんあると思います。

ビジネスをしていると、迷いが出たり、不安になったり、資金繰りに苦労したり。

いろんな障害というか壁が出てきますよね。

 

そんな時には一人で考えこまずに、まずは勇気を出して、いろんなところに相談してみるのも良いと思います。

最終的に「行動する」のは自分自身ですが方向性の確認をするだけでもパワーが違いますよね。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね(^^)

 

 

タイトルとURLをコピーしました