「睡眠アプリ」で睡眠が改善しない理由

法人向け

みなさんこんにちは。快眠デザイン研究所の古泉です。

昨日、うちのワンコ様たちを久々のトリミングに連れていきました。「何かされるんじゃないか・・・」とガクガク震えるうちの子たちを見ていると、悲しい気持ちになってしまいますね・・・。(画像はカット前と後です)

 

睡眠アプリは有効か?

数年前の「睡眠負債」というキーワードが流行語に選ばれ、「睡眠」についてメディアでかなり取り上げられるようになりました。

皆さんの睡眠が質の良いものになり、充実した生活を送れるようになれば、さらに豊かな毎日になりますよね。

そんな中、今はかなりの数で「睡眠アプリ」がダウンロードできるようになりました。
皆さんも睡眠アプリってスマホの中に入っていませんか?

かく言う私も、2、3個の睡眠アプリをダウンロードしていて、「睡眠の深さ」や「睡眠の時間」などが記録できるので、これを考えた人はすごいなー。

コンピューターってすごいなと感心しています。

でも、ずっと続けている方ってどれぐらいいるのでしょう?私も、一番長く続けたのは1ヶ月あったかな〜?という感じです。

 

おかげさまで、独立してからは「目覚ましなしで」毎日起きています。
その分、会社勤めの時よりはかなり早めに寝るようになりましたけどね(笑)

今思うと、「目覚ましがないと起きれない」という生活は、かなり疲労が溜まっているんだな〜とも思うのです。

この、多くに人が使っている「睡眠アプリ」。実際にはどう言う使い方をするのが一番効率的なんでしょう?

睡眠アプリの良い点

先ほども書いた通り、睡眠アプリは「睡眠時間」や「睡眠の深さ」「体の動き」「いびきが録音できる」など、寝ている時には気づかない様々なデータが取れます。

これは、やっぱり素晴らしいですね。いびきは本人が「全く聞くことができない」ので、自分のいびきを初めて聞いた人などはびっくり!したんじゃないでしょうか?(笑)

また、データを毎日確認していくことで、自分に適正な睡眠時間を知れたりするので、重宝します。

しかし、そこには思わぬ落とし穴も?

 

睡眠アプリを使用すれば、快眠になる?

睡眠アプリ自体はとても良いものだと思いますし、正しく使うと睡眠効率は間違いなく上がると思います。

しかし、よく考えてみると、睡眠アプリを使用して睡眠の質は改善されましたか?

よく聞くのは「毎日アプリ使っているけどあまり変わらない」と言う声です。

 

使い方によってはすごく良い「睡眠アプリ」を使用して睡眠が改善できないのでは何故なんでしょう?

テレビからはダイエット商品はなくならない

皆さんはダイエット食品やサプリメントを使ったことがありますか?

もはやテレビで見ない日がないくらいに「マイナス○kg!」「何をしてもダメだった私がこんなに変われた!」と宣伝していますが、

あれって、テレビをよく凝らして見てみると、「個人的な感想です」「適切な食事、運動をしています」と書いてあるんですよね。

ダイエットも睡眠もそうですが、ただそれだけすればいいということではなくて、その時々に適切なアドバイスがないと効果は出にくいものなんです。

「いくら良いものを使っても、その時のフォローがないと効果は出にくい」ということなんです。

「ライザップ」はトレーナーが細かくチェックしているから痩せられる

皆さんもライザップもご存知でしょう。ライザップが成功するのは、マンツーマンでトレーナーが食事の管理や運動の管理をしてくれるので、目標の体重に近くのです。

 

ただ単に、ライザップに行ったから痩せた!ということではないんですよね。ライザップが50キロほど離れていて、毎日徒歩で通っているなんて場合は別ですが、その場合はもはやライザップではなく毎日歩き続けた結果です(笑)

 

睡眠も実はそれに似ていて、「睡眠アプリだけを使用しても、睡眠は改善しない」というのは当然のことなんです。

睡眠も適切なアドバイスができてこそ快眠に繋がる

睡眠薬を飲んでいる方は「睡眠薬を飲まなくてもいいようになりたい」と思っています。

しかし、病院に行くと安定させようと思って、睡眠薬や安定剤を処方します。

病院では「飲まなくても良いアドバイスはできにくい」んですよね。質の良い睡眠を得ようと思うと、対処療法ではなかなか改善しなくて、生活習慣から変えないと身につかないんです。

このサイトにもある、「睡眠日誌」を一度活用してみてください。

睡眠アプリは「セットし忘れたら記録できない」ですが、睡眠日誌は紙に書いていくので「振り返り」ができます。

そして、1か月ほど続けていくと「自分の睡眠の癖」が見えるようになってきます。

そこから少しずつ改善を加えていけばいいのです。

ぐっすり眠れない「睡眠難民」が一人でも少なくなりますように。

無料『E-BOOK』「睡眠日誌の使い方」登録ページ
無料『E-BOOK』「睡眠日誌の使い方」 睡眠の情報をたくさん調べているのに、快眠に近づかない ぐっすり眠りたい いつも二度寝してしまうので熟睡したい 朝すっきり起きたい などの悩みはありませんか? この...
睡眠日誌の使い方① 〜睡眠日誌とはそもそもなんぞや?〜
無料ダウンロードできる「睡眠日誌」とは? 古泉 睡眠日誌の使い方を数回に分けて解説します みなさんこんにちは。快眠デザイン研究所の古泉です。このホームページでは、1人でも多くグッスリ眠れるようになっ...
「睡眠日誌の使い方② 〜睡眠日誌を活用する前に〜」
睡眠日誌を活用する注意点 みなさんこんにちは。快眠デザイン研究所の古泉です。今回は2回目の説明になります。 1回目を見直す方はコチラ → 「睡眠日誌の使い方①〜そもそも睡眠日誌とはなんぞや?〜」 古泉 今...
「睡眠日誌の使い方③ 〜睡眠日誌を記入していこう!〜」
睡眠日誌の使い方「実際に記入していきましょう」 このブログは3回シリーズで説明していますので、1回目、2回目をまだみていない方はコチラから読み進んでくださいね。 睡眠日誌の使い方①〜睡眠日誌とはそもそもなんぞや?〜 睡眠日誌の使い...
タイトルとURLをコピーしました