知っていましたか?「寝る」と「眠る」の違い

睡眠の知識

「昨日はよく寝れた」「昨日はよく眠れた」

↑同じ睡眠のことを話すにしても、変わらない意味合いで伝わりますよね。

 

「うたた寝」とはいうけど「うたた眠り」とは言いません。

「仮眠」とはいうけど「仮り寝」とは言いませんよね。

実際に

「寝る」と「眠る」という言葉は似ているようで実は全く違うものなのです。

「寝る」と「眠る」は全く別物

睡眠のことを調べる時、「寝る」という時はほとんど使いません。

もっぱら「眠る」という言葉を使います。

これは「寝る」=「休憩」、「眠る」=「回復」という基本の意味合いが異なるからです。

 

「寝る」ということは

「寝るという行動」は前述しましたが「休憩もしくは休息」のためのものです。

寝ることは

1、休憩
2、意識がある
3、夢を見ることが少ない
4、体の筋肉は緩まない
などがあります。

「眠る」ということは

「眠るという行動」は「回復」のためのものです。

眠るという行動は寝ることとは違って

1、回復
2、意識がない
3、夢を見ている
4、体の筋肉は緩む
などがあります。
ざっくりと説明しましたが、実際は睡眠辛風土だったり、レム睡眠とノンレム睡眠があったり、複雑なんですが、簡単にいうと上記に挙げたような違いがあります。
ぜひ皆さんも「寝るから眠る」へ変化させて、頑張れる毎日を作っていきましょう!
タイトルとURLをコピーしました