メンターはいますか?

プライベートブログ

我流には時間がかかる

みなさんおはようございます。快眠デザイン研究所の古泉です。

昨日は休みをいただいて、久しぶりにDIYを楽しみました。

 

相変わらず趣味的な域を超えるのにはほぼ遠い感じですが

これを作るのに1日と3時間かかりました(笑)

 

あ、この植木鉢の下の棚ですね。

 

DIYって楽しみながらするもんですから、熱中してやるわけです。

でも、例えばこのDIYでも我流でやっていくと、うまくできなかったりするのでイライラしてくるのです。

 

僕の場合は、設計図は超簡単で、すぐにやりたがる方なので、「やって、つまづいて、やり直して、つまづく」の繰り返しです。

 

いろんな画像や説明を調べて、やりだしてもうまくいかないことが多いんです。

最終的には出来上がるんですが、そこまでの道のりが長い長い・・・。

 

例えば蝶番のつけ方って知ってますか?

蝶番ってこれのことです。

この、銀色の部分何ですが、表と裏があるのって誰でも知っていることなんですが、

 

実は

 

つける時って相当迷う!

丸いところが外側に出ないといけないんですが、

 

最初全ての蝶番を逆につけてしまって、全てをぶち壊してやろうかと思いました(笑)

 

 

不敵に笑うこの植木鉢も殴り壊してやろうかと思ったくらいです。

 

そんなことをすれば、嫁にブチ切れられるのが目に見えてますので、しませんでしたが・・・。

 

ここで、仕事に関係することを少し考えてみました。

 

あなたにはメンターがいますか?

メンターとは聞きなれない言葉かもしれませんが、

メンター(mentor)

れた指導者。助言者。恩師。顧問。信頼のおける相談相手。ギリシャ神話で、オデュッセウスがトロイア戦争に出陣するとき、自分の子供テレマコスを託したすぐれた指導者の名前メントール(Mentōr)から。引用:コトバンクより
要は道しるべをしてくれる人のことです。
僕は会社に勤めている時から、藤屋先生というドラッカーの第一人者の方の勉強会にずっと行っています。
藤屋ニッチ戦略研究所株式会社
中小企業が「客離れしない値上げの方法」を学ぶ藤屋式ニッチ戦略のサイトです。ドラッカーのマネジメントを中小企業向けにアレンジし、ドラッカーが提唱した中小企業に最適な「生態的ニッチ戦略」を考案しました。
その先生に今2〜3年お世話になっているのですが、いつも道しるべをしてくれるのです。
誰でも会社を経営していると、我流では行き詰まりを感じてしまうときがあります。
よくある「壁にぶち当たる」時ってやつですね
多分私だけかもしれないですが、いろんな勉強会に行ったとしても、原理原則はあまり変わらないものなんじゃないかと思うんですよね。
あとは、生かすも殺すも自分次第。
勉強会に参加したことがある方なら、感じたことはあるかもしれませんが、
いろんなセミナーに参加しても、すごい経営者って呼ばれている人って必ずいません?
一番やっても成功しないタイプが、セミナーに色々参加していても、あまり前進していない人。セミナーを受けることで勉強した気になっている人。
そう、今の僕です(笑)
でも、逆に考えてみるといろんなセミナーに参加したからこそ、今の藤屋先生に収まっているというところもあります。

我流でやるよりも教えてくれる人に食らいつく

 

我流でやるよりも、教えてくれる人に食らいついてでもついて行く。

そのなかで、自己流が出来上がるのかもしれません。

 

先のDIYでもそうですが、うちの嫁さんは頭が良く、「こうすればいいんじゃない?」と言って、その通りやるとうまくいくことが多いんです。

 

しかも、そのやり方って自分にはないやり方なんですよね。

 

自己流って怖いなーと思う瞬間です。

自分でやってみてつまづいたときは、人に聞いてみる。

 

意外とシンプルに答えを教えてくれるもんですよ(^^)

 

では、「藤屋ニッチ戦略」セミナーに行って詰められてきます(笑)

 

皆さんもよかったら参加してみませんか?初回無料なので、一度参加してみてから申し込むかどうかを決められます。

 

藤屋ニッチ戦略研究所株式会社
中小企業が「客離れしない値上げの方法」を学ぶ藤屋式ニッチ戦略のサイトです。ドラッカーのマネジメントを中小企業向けにアレンジし、ドラッカーが提唱した中小企業に最適な「生態的ニッチ戦略」を考案しました。

 

福岡会場はほぼ毎月第2水曜日です(なんか、宣伝みたいになってしまった)。

 

ではまた。

 

タイトルとURLをコピーしました