頭を冷やしなさい!は熟睡につながる?

個人向け

頭を冷やしなさい!と言われたことはありますか?

長崎県を中心に企業向けのセミナー講師をしています、古泉(こいずみ)と申します。

 

今日もブログを読んでいただいてありがとうございます!

 

小さい頃、親に「頭を冷やしなさい!」と怒られたことはありませんか?

「頭に血が上る」と言う言葉もありますよね。

 

では実際に頭には血が上っているのでしょうか?

 

人は興奮すると、血流が早く周り、血管が開きます。これは怒っている時だけではなく、興奮している時なんかも同じで、血流が促進されます。

 

その状態を正常に戻すということから考えると「頭を冷やして気を落ちつかせ、平常心を保つ」ということは間違いではないようです。

頭を冷やすと熟睡できる?

実は、熟睡できる条件として「頭を冷やす」ことは大事なこととされています。

 

「頭寒足熱」という言葉を聞いたことがあると思いますが

 

やはり、寝るときにも「頭を冷やす」ということはとても有効です。

 

眠りに落ちるときに「夢うつつ」な時ってありませんか?あれは脳がものすごいスピードで情報を処理しているのです。

奇怪な感じではないけれど、現実とは少し違う・・・みたいな感じですね。

 

ものすごい情報処理をしてくれている脳は、寝ている時でもずっと動きっぱなしで頑張ってくれています。

 

この時は脳もヒートアップしているので、寝るときに頭を冷やすということは実は、とても良いことなんです。

 

冷やす方法

では、頭を冷やすときにはどうすれば効率的でしょうか?

 

まずは、風邪引いた時などに使う「保冷剤」が手っ取り早いですね。

 

また、乾燥したタオルを「冷凍庫」で冷やして、寝るときに取り出して使うのも良いですね。

 

ただ、ひとつ注意して欲しいのは、「頭は冷やしても首は冷やさない」で欲しいのです。

 

人の首には筋肉や、大きな血管、髄液の通り道、リンパなど、体にとってとても大事なものが通っています。

 

首を冷やしてしまうと、筋肉や血管が収縮して、肩こりの元になったりもしますので注意が必要です。

 

下の動画でも詳しくお伝えしていますので、時間のある方は見てみてくださいね(^^)

頭を冷やすと熟睡できる?【快眠デザイン研究所vol.21】

まとめ

1、頭寒足熱は正しい

2、頭は冷やしても首は冷やさない

3、頭を使う時は「保冷剤」や「冷凍タオル」が簡単でおすすめ

 

考え事が多い方や、眠れない時は「冷たいもので頭を冷やす」ことをしてみてください。

 

深い眠りに早くつくことができるようになると良いですね(^^)

 

タイトルとURLをコピーしました