交代制勤務は発癌率UP?

睡眠の知識

みなさんこんにちは。快眠デザイン研究所の古泉です。

今日はメラトニンの話です。

 

とても便利で快適な世の中に

現在、私たちの生活環境はとても便利になって、一昔前と比較すると、本はタブレットで読み、テレビよりもYouTubeで視聴。

 

さらにコンビニの電気は煌々とついて、Amazonで頼んだものは次の日に届くというとても便利です。

 

その影で私たちの便利さを支えてくれている人も多く、交代制勤務や深夜勤務も一般的になってきています。

 

 

 

発がん性が上昇?

そんな便利な暮らしの中で、このような研究結果が出ています。

深夜勤務や交代制勤務に従事している方は日中に勤務している方にくらべて

 

・子宮内膜がん1.47倍
・乳がん1.36倍
・直腸がん1.35倍
に増加しているという事実です。

救世主はメラトニン!

メラトニンは夜が深くなるにつれて多く分泌されるホルモンです。

 

藍藻という藻を調べてみると、酸化防止のメラトニンが発生していることがわかりました。

 

このメラトニンは老化防止や、目ね消えよの強化、がんや心臓病を防ぐといわれています。

 

いわゆる酸化防止の役目をしてくれて、ワンダーホルモン(不思議なホルモン)と呼ばれ、今ではサプリメントも多く製造されています。

知らないうちに健康被害に遭っていないことを祈ります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました