ビジネスホテル「3つの乾燥対策」

睡眠の知識

みなさんこんにちは。快眠デザイン研究所の古泉です。

今回はビジネスホテルからの撮影です。

ビジネスホテルに宿泊した時、気になるのが乾燥対策。

今回はビジネスホテル「3つの乾燥対策」についてお伝えしていきます。

部屋に濡れた服をかけておく

長期出張の場合に、洗濯をされる方多いと思います。

最近はビジネスホテルの中にも洗濯機や乾燥機があって、洗濯もそこまで不便はしないのですが、この洗濯した洋服を部屋の中にかけておくだけで、乾燥を防ぎます。

Tシャツ一枚でもかなりの乾燥対策になりますので、活用してみてください。

乾かしながら、乾燥対策もできる一石二鳥間違いなしです。

湯沸かしポットを活用する

部屋の中に湯沸かしポットがあるかと思います。

部屋でコーヒーやお茶を飲むときのアレです。

この湯沸かしポットの中に、お水を入れて沸騰させる。

そして、蓋を開けておくだけで、加湿器がわりになります。

冷めてしまうまでの時間になりますが、ポットからの蒸気を部屋の中に対流させるだけで乾燥対策になります。

冷暖房は風を直接受けないようにしよう

寒くなってくると、暖房を使用されると思います。

家庭用の暖房や、天井付けのもの、室内置きの物など種類はたくさんありますが、この風邪を直接顔に当てないようにしましょう。

喉が以外がする原因はほとんどが空気の乾燥です。

さらに暖房を直接顔に当ててしまうと、喉だけではなく、顔の皮膚まで乾燥してしまいます。

風向きを調整して、上に向けたり下に向けたりしましょう。

まとめ

今回はビジネスホテルに宿泊したときの乾燥対策についてお伝えしました。

1、洗濯物を部屋干しする
2、湯沸かしポットを加湿器がわりに利用する
3、冷暖房は直接顔に当てないようにする
この3つをするだけで随分変わります。
是非試してみてくださいね!
タイトルとURLをコピーしました