6時間睡眠取れればOKか?

睡眠の知識

みなさんこんにちは。快眠デザイン研究所の古泉です。

あなたの睡眠時間は何時間ですか?

私は7時間半が私にとって一番最適な睡眠時間だということを知っています。

あなたの睡眠時間は何時間ですか?

繰り返しますが、あなたの睡眠時間は何時間ですか?

毎日4時間しか眠れない人、8時間くらい毎日寝ている人、様々な方がいらっしゃると思います。

「適正な睡眠時間は本人にしかわからない」と言われています。

さらに、「自分にとって適切な睡眠時間が何時間かわからない」という人も多くいるのです。

6時間の睡眠は正しいか?

こんな話を聞いたことはありませんか?

それは、「最低6時間眠るようにしましょう」。

これは、よくある話で、6時間眠れれば良い、8時間眠れれば良い。とよく耳にしませんか?

これは、一般的な時間を言われていることで、実際には適正な睡眠時間を取れていれば「○時間だから大丈夫」ということはまずありえないのです。

6時間睡眠を2週間続けると、徹夜したのと同じ脳レベル


引用:名古屋ハートセンターHPより

人の注意力というものは、実に不確かなもので、睡眠負債というものは目に見えない恐ろしいものでもあります。

上のグラフを見てみると、6時間睡眠が2週間続いた脳の働きの衰えは、2日間徹夜した脳と同じレベルにまで低下することがわかっています。

意外かもしれませんが、少なからずこのような生活をしている人は多いのではないかと思います。

夜0時ごろに寝て、朝の6時くらいに起きるという生活をしていませんか?

さらに、短時間の睡眠でも眠気は取れますが、体に蓄積した疲労は取れません。その結果主観的な眠気と実際に蓄積した睡眠負債の間に乖離(かいり)が生じて、体に影響が現れてしまうのです。(本引用:「睡眠負債」岡島義先生の談)
ということになってしまっているのです。

高いパフォーマンスに睡眠管理は欠かせない

高いパフォーマンスで仕事をうまく活かせるには、やはり睡眠管理は欠かせないのです。

私も短時間睡眠で2年間くらい頑張ったことがありますが、最後には疲れて無気力状態になってしまった経験があります。

その時は週6日3時間睡眠で頑張りました。その時は実績が出ましたが、一瞬の出来事でした。継続することは不可能に近いのです。

睡眠管理をないがしろにした先に待っているものは、仕事をミスしてしまうか、体が悲鳴をあげるか。

早い段階で、睡眠管理ができるようになることが、仕事がうまくいくコツでもあります。

ぜひ、もう一度「自分にとって適正な時間」。考えてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました